残業が多くなるSIerのエンジニアの特徴

エンジニアの働き方としてSIerを選ぶのは残業が多い道になる可能性があります。業種としての特徴として、製品を開発して市場に乗せるのではなく、顧客が満足するシステムを提供して利益を得るという点が挙げられるでしょう。不特定多数あるいはターゲット層のニーズを想定して、その潜在顧客に対して利用を促すための戦略を考えてシステム開発を行うのとは仕事の性質が異なります。顧客が予め定まっていて、その顧客がいかに満足するかが仕事の内容として求められるのが特徴なのです。一般的に求められるものではなく、その一つの案件に特化して最良の質を持ったシステムを提供できなければなりません。
しかし、提案できるシステムは一つであるとは限らず、無数の可能性を考慮した上でその中から最良のものを選び出さなければならないのが事実です。時間が許す限りは可能性を模索して、その中から顧客の依頼や要求に対して最も適したものを提案することが必要とされます。それをできる限り短期間で行わなければならないのもまた事実であり、必然的に時間を最大限に使わざるを得ないのです。
このような特徴が残業が多くなる理由の1つであり、SIerは最良のソリューションを追求するために時間がどうしても必要になります。使用できるハードやソフトなどの選択肢が多いほど可能性のあるソリューションの数も増えるため、より良いソリューションを提示できる可能性が高まる一方で残業の状況はさらに厳しくなることも考えられます。