エンジニアの将来性に繋がるSIerのメリット

IT業界でエンジニアが活躍していくために必要になるスキルを一通り身につけられるのはSIerで働くことのメリットでしょう。顧客に対する対応から接客能力や、一般的な事項をシステムに落とし込む能力を身につけられます。そして、それを開発の現場においてシステムとして形に仕上げ、顧客に対してテストと納品を行うという一連の開発業務を経験できるでしょう。その後の保守点検なども担う現場もあるため、インフラエンジニアとして活躍できる可能性も見出だせます。
開発を中心として幅広くスキルを身につけられるのはSIerで働くメリットですが、その分だけ仕事が忙しくて残業も多い職場が多いのは確かでしょう。自分を鍛え上げる現場として考えて努力を続けられると将来性を高めることができます。しかし、ただ働いていただけではあくまで広く基本的なスキルを身につけられるだけであり、将来的に活躍できるエンジニアとしての専門性はそれほど高くならない現場が多いのも事実です。確かに企業によってある程度の専門性を持ってはいるものの、専門のエンジニアとして活躍できるほどの秀でた能力を身につけられる場面はそれほど多いとは言えません。そのため、残業に追われながらも自分の進む方向性を考えて地道にスキルを磨くことが重要になります。将来性の高い人材となるためには体力や精神力も充実していることが欠かせません。時間を惜しんでスキルアップを図る必要があるからです。
SIerは努力と意識次第で得られるものが多くあるものの、忙しさと切り離すのはどうしても難しい面もあります。将来そんな状況を変えたいと思った時のために、SIerの残業事情やその状況から抜け出すことについてまとめられたこちらのサイトを紹介しておくので、様々な可能性を考えるための一助にしてみてください。